入校時に必要な持ち物

合宿免許に必要な持ち物を忘れないようお越しください。
合宿免許は、各教習所・自動車学校指定の宿泊施設へ滞在しながら、最短で希望免許を取得するための教習カリキュラムです。各教習所・自動車学校指定の場所・時間に集合(現地集合)し、合宿免許教習の初日が開始します。入校日当日(前泊の場合は翌日)から教習開始となりますので、交通機関(電車など)内での飲酒等は禁止です。現有免許や住民票、本人確認書類を忘れると、教習開始できなくなりますので、特にご注意ください。

入校手続きに必要なもの

運転免許証を所持されていない場合

本籍地記載の住民票(★注1)
本人を確認できる書類(①~④のいずれか1つ。コピー不可)(★注2)
  1. 健康保険証
  2. 住民基本台帳カード(住基カード)
  3. パスポート
  4. 官公庁が発行した身分証明書・資格証明書など

運転免許証を所持されている場合(★注3)

住民票(★注4)
現在所持している運転免許証
※住民票の住所は免許証の住所と一致していなくてはなりません。
※外国籍の方は「国籍・地域」「在留期間満了日」「在留カード番号」「在留資格」の記載された住民票を取得ください。(★注5)

外国籍の方は以下のものが追加で必要です

在留カード(または特別永住者証明書)
※在留カードには「国籍」「在留資格」及び「在留期間(満了日含む)」「在留カード番号」の記載が必要です。
※在留カードには有効期限がございます。ご入校時には有効期限内のものをご持参ください。

全員共通で持参いただくもの

  • 印鑑(認印)
  • 筆記用具(ペン・ノート)
  • 健康保険証またはそのコピー(万が一の病気・ケガに備えて。本人様確認書類としてご持参いただく場合は原本に限ります)
  • メガネまたはコンタクトレンズ(基準視力に満たない方。色付きのものは不可。両方をお持ちの方は2つともご持参ください)
  • 運動靴やスニーカー等の運転しやすい靴(サンダル、下駄、ハイヒール、ミュール、ブーツ、クロックス、ハイカットスニーカーは禁止。かかとが保護されていないものや、足首を動かすのに支障があると判断されるものは教習にご使用いただけません)
  • 運転しやすい服装(ミニスカート・キャミソール等、露出の激しい服装はお控え下さい)
  • 日用品・洗面用品(下着の替え・タオル類・歯磨きセット・シャンプー・リンス・ハンドソープなど)。合宿期間は、取得免許の種類や教習所・自動車学校により若干異なりますが、約2~3週間となります。
  • 二輪教習の方は、長袖・長ズボン・かかとのある靴・グローブなど

補足説明

★注1

  • 「本籍地が記載」、「本人のみ記載」されているものをご用意ください。
  • 取得後3ヵ月以内のものをご持参ください。

★注2

  • 近年、他人になりすまして運転免許を不正取得し、犯罪等に使用するケースが発生し社会問題を引き起こしています。そのため、運転免許申請時、本人確認書類等を追加することにより、本人以外の不正免許取得を防止するのが目的です。入校時においても、従来の現有免許または住民票の写しに加え、健康保険証・住民基本台帳カード・パスポート等の本人確認書類を提示していただきます。 本人確認書類をご用意できない場合は、事前に各教習所・自動車学校までご相談くださいますようお願いいたします。

★注3

  • 現有運転免許証を持っている方で、免許証を紛失された方、免許証を失効して6ヵ月以内の方は再交付が必要です。
  • 現在所持している運転免許証が、合宿期間中に期限切れになってしまう場合は、入校までに事前再交付を受けてください。 また、運転免許証の保管状況により、著しく汚損し記載事項の解読ができないような場合も、再発行手続きが必要です。
  • 転居や市町村区の合併により住所が変わった方や本籍地が変わった方は、入校までに住所変更手続きを行ってください。
  • 免許条件に「眼鏡等」の記載のある方で、レーシック手術などにより条件変更となった場合、運転免許試験場(運転免許センター)で条件解除が必要です。

★注4

  • IC運転免許証の場合、「本籍地」が記載されていませんので、本籍地記載の住民票をご持参下さいますようお願いします。

★注5

  • 「国籍・地域」、「在留期間満了日」、「在留カード番号」、「在留資格」が省略されていないものをご用意ください。
  • 教習期間中に在留期間が満了となる場合、事前に更新手続きが必要です。

★現有運転免許証・住民票・本人確認書類につきましては、入校日当日、必ず持参のうえご来校ください。

  • 宅配便などで送ることは絶対にしないでください!
    何らかの事情で荷物が届かなかった場合、入校いただくことができなくなります。絶対、送付荷物には入れないでください。